「パラドックス(逆説)」の意味は?分かりやすくご紹介します!

「パラドックス(逆説)」の使い方(例文)

サンくん
サンくん

以下では、2つの例文をそれぞれの意味と一緒に紹介していくよ!

① 「豊かになればなるほど、逆説的に欠乏を感じてしまう。」

これは、

  • 常識的に考えると、豊かになれば欠乏感は埋められるはずだが、
  • 豊かになることで、逆に「足りないもの」を意識するようになってしまうから、
  • 実際は(かえって)欠乏を感じてしまう

という意味になります。

② 「負けるが勝ち」

これは、

  • 常識的に考えると、負けたのに「勝つ」なんてあり得ないが、
  • 場合によっては、争わないで相手に勝ちを譲ったほうが、自分にとって有利になることがあるため、
  • 実際は負けたほうがよい(=自分の勝ちにつながる)こともある

という意味になります。

おわりに

「パラドックス(逆説)」の意味と使い方について、理解していただけましたでしょうか。

このサイトでは、他にも様々な現代文単語・語彙について、分かりやすく説明しています。

ぜひ、他のページもチェックして、語彙力UPを目指してくださいね!

コメント