【3分でわかる面接対策】就活面接の準備・マナー・流れを確認しよう!

面接当日の流れ・マナー

当日の流れに沿って、それぞれの場面で気をつけたいマナーをご紹介します。

サンくん
サンくん

面接前に、ぜひ参考にしてください!

1.受付

時間に余裕をもって、面接会場の近くに到着しておきましょう。

約束の5分前に、会場へ到着しておくのがベストです。早く着きすぎた場合は、近くのカフェやコンビニなどで時間を調整しましょう。お手洗いも、事前に済ませておくのが良いです。

受付・入館時は、担当の方(分からない場合は受付の方)に学校名と氏名を伝え、採用面接で来た旨を告げましょう。

2.待機

受付後、案内された場所で待機します。礼儀正しく、姿勢を正しておきましょう。

受付・入館時から、振る舞い・マナーは見られています。

また、面接中に失礼が無いように、スマホ・携帯電話の電源が切れているか(もしくはマナーモードになっているか)再確認してください。

待機場所に複数人の学生がいることも多いですが、大きな声で会話をしたりすることがないように。

3.面接(入室時)

名前が呼ばれたら、面接室のドアをゆっくりノック(通常は3回)し、合図があったら入室しましょう。

静かにドアを閉めたあと、扉の前で面接官のほうを向いて「失礼致します」と一礼してからイスへ向かいます。

イスの隣に立って「◯◯大学の△△です。本日はよろしくお願い致します」と挨拶をし、「どうぞおかけください」と着席の合図があった後に着席します。何の断りもなく、勝手に着席することのないようにしてください。

着席したら、背筋を伸ばして姿勢正しく座りましょう。姿勢が悪いと、マナーが悪く見えたり、自信がなさそうに見えたりするため、悪印象になります。

【ノックの回数】

世界基準(プロトコール・マナー)では、ノック2回=トイレ、ノック3回=親しい間柄、ノック4回=ビジネス、とされているようです。

しかし、日本のビジネスシーンにおいて、ノックの回数は3回が一般的ですので、就活でのノックも3回が良いと考えられます。

2回(=トイレのノック)にならないように、気をつけましょう。

4.面接(退室時)

退室時は、着席したまま「ありがとうございました」と一礼し、その後に起立したら再度「本日は、ありがとうございました」と感謝の気持ちを重ねて伝えましょう。

そして、ドアの方まで歩き、面接官の方を向いて「失礼致します」と挨拶をしてから、静かにドアを開けて退出してください。

5.退館・退社

面接が終了したら、指示に従って退館・退社します。

このとき、面接が終わったからといって、気を抜かないようしてください。退館・退社するまで、立ち振舞いやマナーは見られています。家に帰るまでが面接です。

おわりに

面接の準備や当日の流れ・マナーについて、理解していただけましたでしょうか。

最初にも言いましたが、面接では社会人としてのマナーをとても見られているため、マナー無くして内定をもらうことはできないと言っても過言ではありません。

このサイトでは、他にも役立つ記事をたくさん掲載しています。

ぜひ、活用していただき、より良い就活を目指してくださいね!

コメント